親子にとって嬉しい抱っこ紐!赤ちゃんの負担を軽減

乳児

赤ちゃんの為の出産準備リスト

妊娠をした時点から、生まれてくる子どものためのアイテムを少しずつ購入していく人が多いです。出産前後は色々とやることが多くなるので、事前にできる準備があるならしておこうというわけです。子供服やおむつは誰もが気づく部分なのですが、他にも抱っこ紐にチャイルドシートと、必要になりそうなアイテムは多いです。盲点になりやすいアイテムも多いため、チェックリストを作って一つずつ確実に揃えていきましょう。

退院時に必要になるチャイルドシートの選び方

退院してすぐのうちは子どもも小さいですから、ベビーシートとも言われるタイプの小型チャイルドシートを選ぶこととなります。新生児でも乗せることのできるシートを選ばなければ、半年から一年ほどは車での外出もしにくくなります。成長に合わせて徐々にサイズを大きくしていくのですが、まずは一番小さいタイプのものから使っていくのが基本です。

抱っこが好きな赤ちゃんの為に用意しておきたい抱っこ紐の選び方

乳幼児は基本的には抱っこが好きです。母親と体を密着させているだけで安心して落ち着く傾向があります。自分の腕で抱き続けるのは難しいので、抱っこ紐は生まれる前から用意しておきましょう。商品は色々なバリエーションがありますが、まずはブランドで選ぶのがいいでしょう。世界的に有名なブランドの商品が日本でも大人気です。有名ブランドの商品ならクオリティの面で不満がありません。

抱っこ紐とスリングの違い

抱っこ紐の場合

抱っこ紐は、子どもの手や脚が布の外に出るのが一般的です。また、抱っこ紐は布を使うのが一般的ですが、それ以外にも様々な素材で作られています。最近はポリエステル製のものも増えてきました。

スリングの場合

スリングは、手足もすべて布の中に収まるのが普通です。重心位置が変わるので、バランスの取り方まで違ってきます。また、素材としては主に大きな布でできているのが特徴でしょう。

育児が楽しくなるベビー用品を選ぼう

どんなベビー用品を選ぶかで、育児の楽しさは変わります。基本的には生活が便利になるアイテムを選びましょう。便利なアイテムを使って子育てをすると、単純に肉体的な疲労度が軽減され、その結果精神的にも余裕が生まれます。

お父さんも使いやすいデザインを選ぶのがポイント

抱っこ紐は、お父さんが使うこともあります。あまり可愛すぎるデザインのものは避けておくのが無難です。男女どちらが使っても違和感のないデザインなら、夫婦間で積極的に使い回していけます。

広告募集中