30代の基礎化粧品でスキンケア|いつまでも老けない美貌

女の人

世代別のコスメの変化

女性

コスメを選ぶ目を持つ

30代向けの化粧品には、全体に二極化されています。同じ30代向けでも、主婦と仕事をバリバリしている人では買わせたい化粧品が違います。キャリアウーマンにはブランド志向でパッケージにも凝っている高額な商品を、主婦や子育てに忙しい女性には低価格でスーパーなどで気軽に買えるようなものを宣伝しています。30代の化粧品の選び方で注意することは、宣伝を鵜呑みにせず、本当に使いたい化粧品を選ぶ目を持つことです。化粧品というものは宣伝費が高く、商品の値段の3分の1を占めているものもあります。高くていい商品と言われていても、自分の肌に合わないものなら本末転倒です。サンプルなどを使ったり、本当に自分にとっていい商品なのかを見極めるのが選び方で重要です。

世代向けコスメの今後

一昔前では30代と言うと、ほとんど結婚していて子育てに忙しいイメージも強かったものですが、この二十年ほどでガラッと変わっています。現在の30代は独身率も高く、結婚願望はあっても実際できないという女性が多くなってもいます。また、ファッション面でも、まだ可愛いらしいイメージを貫いている女性も多くなっていて、その層に向けた化粧品も増えてきています。肌の質もバラバラで、乾燥に悩む人が増えたと思えば、若いときと同じように脂っぽさに悩んでいる人も多いものです。選び方も、肌質で分かれるようになっています。今後、化粧品の選び方も、きっちり年代別にはならずに、肌質別や、シンプル、ゴージャスなどファッションで製品が分けられるようになる可能性もあります。