チャイルドシートがあるお陰で助かる子供がいる

衝突事故から子供を守る!チャイルドシートの重要性

チャイルドシートがあるお陰で助かる子供がいる

乳児

チャイルドシートを装着しないといけない理由

チャイルドシートを装着しなければ、衝突事故があった際に子どもの命を守ることができなくなります。大人でもシートベルトの着用義務があるので、そのルールを子どもにまで広げたわけです。大人用のシートベルトで安全確保ができればそれでいいのですが、ある程度体が大きくなるまではそれも不可能です。ですから、チャイルドシートの使用が義務付けられているわけです。

正しい装着方法を把握しよう

原則としてチャイルドシートは、後部座席に取り付けます。助手席に取り付けるのは間違いです。ゆるみがあると効果が半減しますから、しっかりと固定します。ハーネスにもたるみが出ないようにしなければいけません。二点式と三点式でも正しい装着方法は変わりますし、製品によっても具体的な取り付け方には差が出ます。説明書をしっかりと読んで、間違った使い方をしないよう心がけましょう。

成長に合わせて買い替えよう

シートには、主に三つの種類があります。新生児でも使えるタイプと、幼児用と学童用です。子どもの成長に合わせて最適なものを使わなければ、安全を確保することはできません。少しでも小さいなと感じ始めたなら、もうワンサイズ大きめのものに買い替えるのがいいでしょう。子どもの成長には個人差があるので、買い替えのタイミングは各家庭で異なります。

チャイルドシートの種類について

新生児や乳幼児向けのベビーシート

ベビーシートは、主に乳幼児向けのものになります。一歳半ごろまで使えるタイプのもので、多くの製品が車の進行方向とは逆向きに設置する作りになっています。

四歳ぐらいまで使えるチャイルドシート

ベビーシートが小さくなってきたら、チャイルドシートに切り替えます。こちらは一歳から四歳ぐらいまで使えます。子どもの首もすわってきているため、車の進行方向と同じ向きに設置するのが普通です。

大きくなっても使えるジュニアシート

ジュニアシートは学童向けと言われているように、ある程度大きくなってからでも使えます。小学校入学ぐらいまでは使えますし、子どもによってはそれ以降も使い続けることができます。

広告募集中