抱っこ紐があれば長時間の抱っこも無理なく続く

抱っこ紐の利便性を考えよう!素材を重視して選ぶと良し

抱っこ紐があれば長時間の抱っこも無理なく続く

ママと赤ちゃん

抱っこ紐の種類について

一つのメーカーからも、複数の抱っこ紐が販売されています。スタンダードな綿100%のタイプもあれば、コットン100%で肌触りを追求したタイプもあります。他にも、ポリエステル素材でメッシュ入りのものなどが売られています。

他のママと差をつけたい人必見!おしゃれなよだれカバー

日本で人気の抱っこ紐は、それほど多くのバリエーションがあるわけではありません。スタンダードなものであれば、近所のママさんと被ってしまうこともあります。しかし、別売りされているよだれカバーのバリエーションは豊富です。高級ブランドもののよだれカバーなら、他のママさんたちとも差を付けられます。

抱っこ紐を選ぶ時に気をつけたいポイント

通気性がどの程度あるのかは、事前に調べておきたい部分です。夏場に使う場合は、下手をすると子どもに汗疹ができてしまう可能性もあるからです。通気性が悪いと雑菌の繁殖スピードも早くなるので、いい影響はあまりありません。

信頼できる通販サイトの特徴

世界的に有名な大手通販サイトは利用者も多いので、模造品が紛れ込んでしまう確率は低くなります。もしも模造品が売られていても利用者が発見をして通報するため、間違って買ってしまうことはほとんどありません。レビュー件数が多いと問題の発見も早くなるので、人の多い通販サイトほど信頼性が高くなりがちです。

抱っこ紐の人気デザインランキング

地味な色味のデザインが人気

抱っこ紐は、お母さんだけが使うものではありません。お父さんにも使えるように、色味は地味な方が売れ筋になっています。ベージュ色やカーキ色あたりが高い人気を獲得しています。

汚れが目立ちにくいブラック系統も人気

毎日使うものですから、ホワイト系のものなら使っているうちに汚れが目立つこともあります。ブラック系であれば、汚れも目立たなくさせることができて便利です。

デニムの抱っこ紐も各所で話題

大手ジーンズメーカーも、オリジナルの抱っこ紐を作って販売しています。デニム生地はカジュアルなファッションとも合わせやすいので各所で話題を呼んでいます。

オーガニック系のものも売れ筋

子どもの健康のことを考えてか、オーガニック系の抱っこ紐も売れています。オーガニックコットンを100%使って作られた抱っこ紐なら、子どもを安心して育てていけます。

視認性が高い派手めのデザイン

蛍光色を使った抱っこ紐も存在しています。地味な色のものよりも視認性がよくなるので、子どもがいるということがすぐに理解してもらえます。安全度アップのためにも効果的なので、派手めのデザインから選ぶ人も多いです。

広告募集中